整備事例

メカニックの整備奮闘記と備忘録をご覧下さい。

トラックのタイヤ交換(スペアタイヤと入替)の講習

[2015年6月アーカイブ |2015-06-27]

お客様の依頼で、トラックのタイヤ交換(スペアタイヤと入替)の講習することになりました。
整備工場ではトラックのタイヤを外すときはエアーインパクトレンチと使用して簡単に作業できるんですが、お客様の要望は手作業でお願いしますとのこと。
まずは取引先のプロのタイヤ屋さんと一緒にトラックのジャッキポイントやハブナットの緩め方のレクチャーと実演し、あとからドライバーの方に作業して頂くという流れで講習を開始。
意外に協力的なドライバーさんが多く、自ら作業し手順がわからなければ質問される方もたくさんいて、みなさんに熱心にタイヤ交換作業に取り組んでいただけました。
IMG_0401.jpgIMG_0400.jpg

トラックのハブナットの締め付けの確認(一カ所わざと緩めてます)をテストハンマーでみなさんにやってもらいました。
運行前点検ではハブナットの締め付けなどハンマー使って是非確認してください。

いすゞ フォワード(FRR34) ファンベルト切れる

[2015年6月アーカイブ |2015-06-03]

ファンベルトが切れたと連絡が入り来てほしいとのことで、新品のベルト持って取付に行くと、ダイナモ(オルタネータ)のプーリーが摩耗して段違いになっています。
これではベルトに負荷がかかり切れてしまいますので、応急でファンベルトを取付、工場まで来てもらうことになりました。
リビルト品のダイナモ(オルタネータ)を交換してファンベルトもそんなに痛んでないので再度使用して完成となりました。
IMG_0290.jpgIMG_0291.jpg

電気屋さんいわくこんな削れたプーリ見たことないと言われました。
走行距離が多いトラックのファンベルト交換の際はこの辺も確認していかなくてはと思いました。

メーカー:いすゞフォワード|形式:PA-FRD34L4|エンジン:6HK1

« 2015年5月 |